± Revisions rev2

Atsuo Fukaya
Change log: Ship It!
Updated by fukayatsu 2016-04-17 15:47:04 +0900

今回のリリース内容

現在のアクセストークンで認証中のユーザの情報を取得できるようになりました。

サンプル

GET /v1/user HTTP/1.1
{
  "id": 1,
  "name": "Atsuo Fukaya",
  "screen_name": "fukayatsu",
  "created_at": "2014-05-10T11:50:07+09:00",
  "updated_at": "2016-04-17T12:35:16+09:00",
  "icon": "https://img.esa.io/uploads/production/users/1/icon/thumb_m_402685a258cf2a33c1d6c13a89adec92.png",
  "email": "fukayatsu@esa.io"
}

APIについて、詳しくは dev/esa/api/v1 - docs.esa.io を御覧ください

Ruby Client

esaio/esa-ruby も今回のリリースに対応した v1.4.0 をリリースしました。

こちらを使った場合は次のようになります

ruby
require 'esa'

client = Esa::Client.new(access_token: "<access_token>")
client.user
#=> GET /v1/user

所感

今日は天気がころころ変わりますね


[ProTip] Webhookでdocs.esa.ioの更新通知を受け取れるようになりました!

Enjoy "(\( ⁰⊖⁰)/)"
https://esa.io

# 今回のリリース内容

現在のアクセストークンで認証中のユーザの情報を取得できるようになりました。

## サンプル

```
GET /v1/user HTTP/1.1
```

```
{
  "id": 1,
  "name": "Atsuo Fukaya",
  "screen_name": "fukayatsu",
  "created_at": "2014-05-10T11:50:07+09:00",
  "updated_at": "2016-04-17T12:35:16+09:00",
  "icon": "https://img.esa.io/uploads/production/users/1/icon/thumb_m_402685a258cf2a33c1d6c13a89adec92.png",
  "email": "fukayatsu@esa.io"
}
```

APIについて、詳しくは [dev/esa/api/v1 - docs.esa.io](https://docs.esa.io/posts/102) を御覧ください

## Ruby Client

[esaio/esa-ruby](https://github.com/esaio/esa-ruby) も今回のリリースに対応した v1.4.0 をリリースしました。

こちらを使った場合は次のようになります

```ruby
require 'esa'

client = Esa::Client.new(access_token: "<access_token>")
client.user
#=> GET /v1/user
```

# 所感
今日は天気がころころ変わりますね

---
[ProTip] [Webhookでdocs.esa.ioの更新通知を受け取れるようになりました!](/posts/73) 

Enjoy "(\\( ⁰⊖⁰)/)"
https://esa.io

今回のリリース内容

現在のアクセストークンで認証中のユーザの情報を取得できるようになりました。

サンプル

GET /v1/user HTTP/1.1
{
  "id": 1,
  "name": "Atsuo Fukaya",
  "screen_name": "fukayatsu",
  "created_at": "2014-05-10T11:50:07+09:00",
  "updated_at": "2016-04-17T12:35:16+09:00",
  "icon": "https://img.esa.io/uploads/production/users/1/icon/thumb_m_402685a258cf2a33c1d6c13a89adec92.png",
  "email": "fukayatsu@esa.io"
}

APIについて、詳しくは dev/esa/api/v1 - docs.esa.io を御覧ください

Ruby Client

esaio/esa-ruby も今回のリリースに対応した v1.4.0 をリリースしました。

こちらを使った場合は次のようになります

ruby
require 'esa'

client = Esa::Client.new(access_token: "<access_token>")
client.user
#=> GET /v1/user

所感

今日は天気がころころ変わりますね


[ProTip] Webhookでdocs.esa.ioの更新通知を受け取れるようになりました!

Enjoy "(\( ⁰⊖⁰)/)"
https://esa.io