Public Ruby Business Users Conference 2018で「esa.ioの育て方」というタイトルで基調講演を行いました #RBUC

Ruby Business Users Conference 2018
Rubyを活用しているユーザーや今後Rubyを使ってビジネスを行いたいと考える人たちが集うITのコミュニティーイベントです。
ビジネス管理者やソフトウェア開発者の交流を通じ、Rubyの活用方法の発見や新たなビジネスを創出できる場を提供します。

所感

今回は、「esaの技術的な側面について」というリクエストをいただきましたので、esa.ioのインフラや、各種機能について少し詳しくお話させていただきました。また、モチベーションをどう高めていくかという自分なりの技術についても触れています。よろしければスライドをご覧いただければ幸いです。

またこの記事は、Ruby25 のイベント会場で書いています。esaはRubyで動いていますし、個人的にも大学時代からRubyにはとてもお世話になってきました1。この場を借りてRuby25周年をお祝い申し上げます :congratulations: :bouquet:


  1. 卒業研究(ざっくり言うとCTの画像再構成)で実験データをRubyで下処理したりしていました。 

Comments0