We support RubyKaigi 2022 at Tsu, Mie

rubykaigi2022.png (802.7 kB)

三重県津市にて、明日2022年9月8日(木)から開催される、RubyKaigi 2022 にて、今年もesaはシルバースポンサー&ツールスポンサーとして参加します(\( ⁰⊖⁰)/)

ご当地esaステッカー

esaは、全国各地で行われる RubyKaigiの開催地にちなんだesaのノベルティグッズを提供しています。
今回は三重県ということで、忍者です。ニンニン🥷

image.png (1.5 MB)

今年は発注がギリギリになってしまい、今朝、印刷屋さんから我が家に届きました。
実物、いい感じです。
ギリギリなので慌てて色々間違えてしまい、屋外にも貼れる高級ステッカーを発注してしまったので、車とか玄関とかに貼ることができます :sparkles: :umbrella: 枚数も少し少なめかもしれないので、欲しい方はお早めにスポンサーブースまでお越しください :pray:

※ バナー画像ではカラフルなトリニンジャが舞っていますが、ステッカーは青1色のみです。画像作ってたらカラフルニンジャステッカーも欲しくなってきました…。

また、歴代ステッカーも一部参戦します :esa2: :esa: :esa2:

image.png (4.2 MB)

なお、残念ながら今年は esa 開発メンバー全員、諸事情で RubyKaigi 現地参戦が出来ないので、このステッカーたちを代わりに津に飛ばそうと思います :crying_cat_face:

私(デザイナーの @ken_c_lo)は、津市は祖父母の家で幼少時住んでいたこともあり、第二の故郷なので行きたかったです。残念。久しぶりに近鉄乗りたかった…

個人的に推し or 気になる三重の観光地

関宿

東海道五十三次の47番目の宿場町として栄え、今なお当時の雰囲気が残されている関宿(せきじゅく)。
ここには江戸時代後期から明治時代にかけて建てられた町家が200棟以上も現存し、国の重要伝統的建造物群保存地区(昭和59年選定)や日本の道百選(昭和61年選定)に選定され、見どころがいっぱい。

トノコト。古き良き宿場町の雰囲気が残り、郵便屋さんやガソリンスタンドなどもそれっぽいデザインになっていたりして面白いです。町並みを楽しむ散歩にちょうどいい感じです。インスタ映えあります。
津から電車のタイミングが良ければJRで数十分で行けそうです。

忍者修行の里 赤目四十八滝

こちらは行ったことないのですが、歩くとよい運動になって滝に癒やされそうで良さそうな場所です。忍者修行体験がとても気になります🥷

この地は、かの犬漫画「銀牙シリーズ」の「忍犬 赤目」その名の由来の地であり、犬たちが滝で忍犬修行をする同漫画シリーズファンの聖地でもあります。
近鉄 名張駅からバスが出ているっぽいです。

ツールスポンサーについて

esaは、RubyKaigi 運営チームの方々の情報共有ツールとして、esaをツールスポンサーとして無償提供しています。
ツールスポンサーとしてのRubyKaigiサポートは2015年からはじまり、今年でなんと8年目になりました!

esaはRubyKaigiの他にも、数々のOSS・Web技術関連コミュニティにツールスポンサーとしてのサポートを行っています。
help/OSS・Web技術関連コミュニティ向け無償提供(ツールスポンサー) - docs.esa.io

追記: ニンニンTシャツできました🥷

買えます: “esa tori ninja” graphic tee, pullover crewneck, pullover hoodie, tank, and onesie by esa. | Cotton Bureau


それでは、Enjoy RubyKaigi ! (\( ⁰⊖⁰)/)

END

  • Close