#487
エディタでクリップボードからペーストする時の書式設定
#487

Public エディタでクリップボードからペーストする時の書式設定

記事エディタやコメントで、コピー&ペーストでクリップボードからデータを貼り付けるときに、プレーンテキストで貼り付けるか、可能な限りMarkdownに変換して貼り付けるかを設定で選択することができます。

デフォルトは、「プレーンテキスト貼り付ける」に設定されています。1
この設定は個人で設定できる Labs機能(実験的な機能)2のうちの一つです。仕様等は後に変更や調整が入る可能性があります。

設定方法

左側の 「SETTINGS」 を選択 → 「ユーザー設定」をクリック → 画面左側のメニューから 「Labs」 を選択→ 「クリップボードからのペースト」 で設定を選択 → 最後に 「設定を保存」 してください。

image.png (1.2 MB)

「プレーンテキストで貼り付ける」設定の例外

  • Excelやスプレッドシート上で範囲選択してコピー&ペースト
    • Markdownのテーブル記法になります
  • ファイルのコピー&ペースト
    • Markdownのリンク記法やImageタグ・Videoタグ等になります

「可能な限りMarkdown に変換する」設定の仕様

「可能な限りMarkdownに変換する」設定に変更すると、主に下記の場合において Markdown 形式でペーストされます。

  • Webサイトからのコピー&ペースト
    • preタグ
    • 見出し
    • リンク
    • リスト
    • 太字
    • 斜体

技術的な仕組み

Webサイトや一部のアプリケーション上でコンテンツをクリップボードにコピーしたとき、クリップボード内にプレーンテキストのデータの他にHTMLデータが含まれることがあります。

「可能な限りMarkdown に変換する」設定では、このHTMLデータをMarkdown記法に変換して貼り付け時に利用しています。

既知の問題

  • 「可能な限りMarkdownに変換する」設定
    • Webサイト上のテーブルの1セル全体をコピーするとテーブルタグとして貼り付けられてしまう
    • 貼り付けられたMarkdownが過剰にエスケープされていることがある
  1. この機能は、Markdown に変換してペーストする形式をデフォルトに変更して一度リリースされました が、ユーザーさんからのフィードバックや実際の使い心地をもとに再検討した結果、元のプレーンテキストをデフォルトに戻しました。

  2. Labs機能は実験的な設定機能のため、仕様等は後に細かい調整や変更、削除がされる可能性があります。

Referenced from

help/スクリプトタグの埋め込み制限(Markdownセキュアオプション)
help/投稿テンプレート

Comments0