± Revisions rev7

Atsuo Fukaya
Change log: メンバー削除時の影響について追記 [skip notice]
Updated by fukayatsu 2017-03-01 10:36:42 +0900
  • <img width="929" alt="スクリーンショット 2016-12-08 19.53.10.png (274.3 kB)" src="https://img.esa.io/uploads/production/attachments/105/2016/12/08/1/5834ad31-c36d-424a-92ab-619d6ddab14b.png">
  • # メンバーの追加
  • 現在、esaのチームにユーザーを追加するには、「Send Invitation Email」と「URL Invitation」の2つの方法があります。
  • ## Send Invitation Email
  • チームに追加したいメンバーのEmailアドレスを前もって知っている場合に便利な方法です。
  • - チームに参加してほしい人のEmailアドレスをテキストエリアに1行に1つずつ記入し、「Send Invitation Email」ボタンを押します
  • - それぞれに個別にEmailが送信されるので、本文中の招待リンクにアクセスしてもらうとGoogleアカウント認証を経て、チームメンバーに追加されます。
  • - この時にログインするGoogleアカウントはEmaiの送信先と同じアカウントである必要があります
  • - Emailが送信されてから24時間経過するか、「Pending Invitations」 の欄からInvitationを削除するとEmail中のリンクは無効になります。
  • <img width="831" alt="_development__kama_esa_io.png (55.3 kB)" src="https://img.esa.io/uploads/production/attachments/105/2016/12/08/1/a97d2fa9-424f-4c91-a297-a34edde7f22b.png">
  • ## URL Invitation
  • チームに参加するためのURLを知っている人に、ある程度自由にチームに参加してほしい場合に便利な方法です。
  • - `/team/invitations` の 「URL Invitation」 という欄に表示されている`Invitation URL` 経由でアクセスしてもらうと、Googleアカウント認証を経て、チームメンバーに追加されます。
  • - Invitation URLの右側の 「Regenerate URL」 ボタンを押すと、URLを再発行できます。再発行後、元のInvitation URLは無効になります。
  • ### チームに参加できるユーザーのemailドメインの制限
  • - `Email Domain` を設定すると、ユーザーが `Invitation URL` にアクセスした際にアカウントのemailドメインがチェックされます。
  • - 指定されたemailドメインでない場合、チームに参加することはできません。
  • # メンバーの管理
  • - `/team` の ページから、メンバーの権限設定ができます。
  • # メンバーの権限
  • | 権限 | できること|
  • |---|---|
  • |owner| 他のメンバーのチーム招待・権限設定・削除, Webhookの設定, データエクスポート, 投稿, 閲覧 |
  • |member|投稿, 閲覧|
  • # メンバーの削除
  • - `owner` 権限のメンバーのみ、他メンバーの削除ができます。
  • - メンバー一覧の右上の `Remove` ボタンから削除ができます。
  • - `member` 権限であっても、自分自身の削除はできます。
  • - `member` 権限であっても、自分自身の削除はできます。
  • - チームからメンバーを削除しても、そのメンバーが過去に書いた記事やコメントは削除されずそのまま残ります。

スクリーンショット 2016-12-08 19.53.10.png (274.3 kB)

メンバーの追加

現在、esaのチームにユーザーを追加するには、「Send Invitation Email」と「URL Invitation」の2つの方法があります。

Send Invitation Email

チームに追加したいメンバーのEmailアドレスを前もって知っている場合に便利な方法です。

  • チームに参加してほしい人のEmailアドレスをテキストエリアに1行に1つずつ記入し、「Send Invitation Email」ボタンを押します
  • それぞれに個別にEmailが送信されるので、本文中の招待リンクにアクセスしてもらうとGoogleアカウント認証を経て、チームメンバーに追加されます。
    • この時にログインするGoogleアカウントはEmaiの送信先と同じアカウントである必要があります
    • Emailが送信されてから24時間経過するか、「Pending Invitations」 の欄からInvitationを削除するとEmail中のリンクは無効になります。

_development__kama_esa_io.png (55.3 kB)

URL Invitation

チームに参加するためのURLを知っている人に、ある程度自由にチームに参加してほしい場合に便利な方法です。

  • /team/invitations の 「URL Invitation」 という欄に表示されているInvitation URL 経由でアクセスしてもらうと、Googleアカウント認証を経て、チームメンバーに追加されます。

  • Invitation URLの右側の 「Regenerate URL」 ボタンを押すと、URLを再発行できます。再発行後、元のInvitation URLは無効になります。

チームに参加できるユーザーのemailドメインの制限

  • Email Domain を設定すると、ユーザーが Invitation URL にアクセスした際にアカウントのemailドメインがチェックされます。
  • 指定されたemailドメインでない場合、チームに参加することはできません。

メンバーの管理

  • /team の ページから、メンバーの権限設定ができます。

メンバーの権限

権限 できること
owner 他のメンバーのチーム招待・権限設定・削除, Webhookの設定, データエクスポート, 投稿, 閲覧
member 投稿, 閲覧

メンバーの削除

  • owner 権限のメンバーのみ、他メンバーの削除ができます。
  • メンバー一覧の右上の Remove ボタンから削除ができます。
  • member 権限であっても、自分自身の削除はできます。
  • チームからメンバーを削除しても、そのメンバーが過去に書いた記事やコメントは削除されずそのまま残ります。
<img width="929" alt="スクリーンショット 2016-12-08 19.53.10.png (274.3 kB)" src="https://img.esa.io/uploads/production/attachments/105/2016/12/08/1/5834ad31-c36d-424a-92ab-619d6ddab14b.png">


# メンバーの追加

現在、esaのチームにユーザーを追加するには、「Send Invitation Email」と「URL Invitation」の2つの方法があります。

## Send Invitation Email

チームに追加したいメンバーのEmailアドレスを前もって知っている場合に便利な方法です。

- チームに参加してほしい人のEmailアドレスをテキストエリアに1行に1つずつ記入し、「Send Invitation Email」ボタンを押します
- それぞれに個別にEmailが送信されるので、本文中の招待リンクにアクセスしてもらうとGoogleアカウント認証を経て、チームメンバーに追加されます。
    - この時にログインするGoogleアカウントはEmaiの送信先と同じアカウントである必要があります
    - Emailが送信されてから24時間経過するか、「Pending Invitations」 の欄からInvitationを削除するとEmail中のリンクは無効になります。

<img width="831" alt="_development__kama_esa_io.png (55.3 kB)" src="https://img.esa.io/uploads/production/attachments/105/2016/12/08/1/a97d2fa9-424f-4c91-a297-a34edde7f22b.png">

## URL Invitation

チームに参加するためのURLを知っている人に、ある程度自由にチームに参加してほしい場合に便利な方法です。

- `/team/invitations` の 「URL Invitation」 という欄に表示されている`Invitation URL` 経由でアクセスしてもらうと、Googleアカウント認証を経て、チームメンバーに追加されます。

- Invitation URLの右側の 「Regenerate URL」 ボタンを押すと、URLを再発行できます。再発行後、元のInvitation URLは無効になります。

### チームに参加できるユーザーのemailドメインの制限
- `Email Domain` を設定すると、ユーザーが `Invitation URL` にアクセスした際にアカウントのemailドメインがチェックされます。
- 指定されたemailドメインでない場合、チームに参加することはできません。

# メンバーの管理

- `/team` の ページから、メンバーの権限設定ができます。

# メンバーの権限

| 権限 | できること|
|---|---|
|owner| 他のメンバーのチーム招待・権限設定・削除, Webhookの設定, データエクスポート, 投稿, 閲覧 |
|member|投稿, 閲覧|

# メンバーの削除

- `owner` 権限のメンバーのみ、他メンバーの削除ができます。
- メンバー一覧の右上の `Remove` ボタンから削除ができます。
- `member` 権限であっても、自分自身の削除はできます。
- チームからメンバーを削除しても、そのメンバーが過去に書いた記事やコメントは削除されずそのまま残ります。

スクリーンショット 2016-12-08 19.53.10.png (274.3 kB)

メンバーの追加

現在、esaのチームにユーザーを追加するには、「Send Invitation Email」と「URL Invitation」の2つの方法があります。

Send Invitation Email

チームに追加したいメンバーのEmailアドレスを前もって知っている場合に便利な方法です。

  • チームに参加してほしい人のEmailアドレスをテキストエリアに1行に1つずつ記入し、「Send Invitation Email」ボタンを押します
  • それぞれに個別にEmailが送信されるので、本文中の招待リンクにアクセスしてもらうとGoogleアカウント認証を経て、チームメンバーに追加されます。
    • この時にログインするGoogleアカウントはEmaiの送信先と同じアカウントである必要があります
    • Emailが送信されてから24時間経過するか、「Pending Invitations」 の欄からInvitationを削除するとEmail中のリンクは無効になります。

_development__kama_esa_io.png (55.3 kB)

URL Invitation

チームに参加するためのURLを知っている人に、ある程度自由にチームに参加してほしい場合に便利な方法です。

  • /team/invitations の 「URL Invitation」 という欄に表示されているInvitation URL 経由でアクセスしてもらうと、Googleアカウント認証を経て、チームメンバーに追加されます。

  • Invitation URLの右側の 「Regenerate URL」 ボタンを押すと、URLを再発行できます。再発行後、元のInvitation URLは無効になります。

チームに参加できるユーザーのemailドメインの制限

  • Email Domain を設定すると、ユーザーが Invitation URL にアクセスした際にアカウントのemailドメインがチェックされます。
  • 指定されたemailドメインでない場合、チームに参加することはできません。

メンバーの管理

  • /team の ページから、メンバーの権限設定ができます。

メンバーの権限

権限 できること
owner 他のメンバーのチーム招待・権限設定・削除, Webhookの設定, データエクスポート, 投稿, 閲覧
member 投稿, 閲覧

メンバーの削除

  • owner 権限のメンバーのみ、他メンバーの削除ができます。
  • メンバー一覧の右上の Remove ボタンから削除ができます。
  • member 権限であっても、自分自身の削除はできます。
  • チームからメンバーを削除しても、そのメンバーが過去に書いた記事やコメントは削除されずそのまま残ります。