± Revisions rev7

Atsuo Fukaya
Change log: Ship It!
Updated by fukayatsu 2016-07-01 10:20:58 +0900

複数チームの決済を連結して一本化することができます。
チーム間に親子関係が作られ、1人のユーザーがその中の複数のチームに所属している場合でも、最大で1チーム分のご利用料金のご請求となります。
複数チームの決済を連結してお支払い頂くことで、多くの場合、合計のご利用料金を少なくすることが出来ます。会社内で複数のチームを作りたい時などにご利用ください。

料金の計算の方法

※ 説明の簡略化のため、各ユーザは月初から月末までチームに所属したとする

チームを連結しない場合

TeamA: User1, User2
TeamB: User1
TeamC: User1

(チームごとにユーザ数に¥500を掛けて計算)

(TeamAの料金) + (TeamBの料金) + (TeamCの料金) =
¥500 x 2 + ¥500 x 1 + ¥500 x 1 = ¥2,000

チームを連結した場合

TeamA(親): User1, User2
TeamB(子): User1
TeamC(子): User1

(親子関係のあるチーム内に所属するユーザ数に¥500を掛けて計算)

(User1の料金) + (User2の料金) =
¥500 x 1 + ¥500 x 1 = ¥1,000

設定の仕方

親チーム側の TEAMページのbillingタブより、子チームを追加/削除することが出来ます。この操作をするユーザーは 親チームと子チーム両方のチームのownerである必要があります。

_development__Billing_-_esa-test_esa_io.png (171.0 kB)

Billingページの最下部に「複数チームの連結決済」の設定画面があります。

ss 2016-07-01 10.02.19.png (185.3 kB)

注意点

  • クレジットカード情報は親チームで登録する必要があります。
  • 親チームは子チームを最大10個持つことができます。
    • もしこれ以上の子チームが必要な場合は、対応を検討いたしますのでご利用目的を添えてご連絡下さい。
  • 親チーム側、もしくは子チーム側に未払いのご利用期間がある場合はチームを連結したり連結を解除することはできません
  • 親チームがご利用料金の未払い等で凍結された場合、子チームも同時に凍結されます
    • 親チームの凍結が解除されると、子チームの凍結も解除されます
複数チームの決済を連結して一本化することができます。
チーム間に親子関係が作られ、1人のユーザーがその中の複数のチームに所属している場合でも、最大で1チーム分のご利用料金のご請求となります。
複数チームの決済を連結してお支払い頂くことで、多くの場合、合計のご利用料金を少なくすることが出来ます。会社内で複数のチームを作りたい時などにご利用ください。

# 料金の計算の方法

※ 説明の簡略化のため、各ユーザは月初から月末までチームに所属したとする

## チームを連結しない場合

```
TeamA: User1, User2
TeamB: User1
TeamC: User1
```

**(チームごとにユーザ数に¥500を掛けて計算)**

(TeamAの料金) + (TeamBの料金) + (TeamCの料金) =
¥500 x 2 + ¥500 x 1 + ¥500 x 1 = **¥2,000**

## チームを連結した場合

```
TeamA(親): User1, User2
TeamB(子): User1
TeamC(子): User1
```

**(親子関係のあるチーム内に所属するユーザ数に¥500を掛けて計算)**

(User1の料金) + (User2の料金) =
¥500 x 1 +  ¥500 x 1 = **¥1,000**

# 設定の仕方

親チーム側の TEAMページのbillingタブより、子チームを追加/削除することが出来ます。この操作をするユーザーは **親チームと子チーム両方のチームのownerである必要があります。**

<img width="941" alt="_development__Billing_-_esa-test_esa_io.png (171.0 kB)" src="https://img.esa.io/uploads/production/attachments/105/2016/07/01/1/f745e2e4-b874-4bb1-ba40-ee6da936739f.png">


↓

Billingページの最下部に「複数チームの連結決済」の設定画面があります。

<img width="822" alt="ss 2016-07-01 10.02.19.png (185.3 kB)" src="https://img.esa.io/uploads/production/attachments/105/2016/07/01/1/7de3f0f5-e29f-49bd-9035-5e8bb642718d.png">

# 注意点

- クレジットカード情報は親チームで登録する必要があります。
- 親チームは子チームを最大10個持つことができます。
    - もしこれ以上の子チームが必要な場合は、対応を検討いたしますのでご利用目的を添えてご連絡下さい。
- 親チーム側、もしくは子チーム側に未払いのご利用期間がある場合はチームを連結したり連結を解除することはできません
- 親チームがご利用料金の未払い等で凍結された場合、子チームも同時に凍結されます
    - 親チームの凍結が解除されると、子チームの凍結も解除されます

複数チームの決済を連結して一本化することができます。
チーム間に親子関係が作られ、1人のユーザーがその中の複数のチームに所属している場合でも、最大で1チーム分のご利用料金のご請求となります。
複数チームの決済を連結してお支払い頂くことで、多くの場合、合計のご利用料金を少なくすることが出来ます。会社内で複数のチームを作りたい時などにご利用ください。

料金の計算の方法

※ 説明の簡略化のため、各ユーザは月初から月末までチームに所属したとする

チームを連結しない場合

TeamA: User1, User2
TeamB: User1
TeamC: User1

(チームごとにユーザ数に¥500を掛けて計算)

(TeamAの料金) + (TeamBの料金) + (TeamCの料金) =
¥500 x 2 + ¥500 x 1 + ¥500 x 1 = ¥2,000

チームを連結した場合

TeamA(親): User1, User2
TeamB(子): User1
TeamC(子): User1

(親子関係のあるチーム内に所属するユーザ数に¥500を掛けて計算)

(User1の料金) + (User2の料金) =
¥500 x 1 + ¥500 x 1 = ¥1,000

設定の仕方

親チーム側の TEAMページのbillingタブより、子チームを追加/削除することが出来ます。この操作をするユーザーは 親チームと子チーム両方のチームのownerである必要があります。

_development__Billing_-_esa-test_esa_io.png (171.0 kB)

Billingページの最下部に「複数チームの連結決済」の設定画面があります。

ss 2016-07-01 10.02.19.png (185.3 kB)

注意点

  • クレジットカード情報は親チームで登録する必要があります。
  • 親チームは子チームを最大10個持つことができます。
    • もしこれ以上の子チームが必要な場合は、対応を検討いたしますのでご利用目的を添えてご連絡下さい。
  • 親チーム側、もしくは子チーム側に未払いのご利用期間がある場合はチームを連結したり連結を解除することはできません
  • 親チームがご利用料金の未払い等で凍結された場合、子チームも同時に凍結されます
    • 親チームの凍結が解除されると、子チームの凍結も解除されます