#190
複数チームの決済連結(1会社で複数チームを持つ際の、お得な料金決済方法)
#190

Public 複数チームの決済連結(1会社で複数チームを持つ際の、お得な料金決済方法)

複数チームの決済を連結して一本化することができます。
チーム間に親子関係が作られ、1人のユーザーがその中の複数のチームに所属している場合でも、最大で1チーム分のご利用料金のご請求となります。
複数チームの決済を連結してお支払い頂くことで、多くの場合、合計のご利用料金を少なくすることが出来ます。会社内で複数のチームを作りたい時などにご利用ください。

料金の計算の方法

※ 説明の簡略化のため、各ユーザは月初から月末までチームに所属したとする

チームを連結しない場合

TeamA: User1, User2
TeamB: User1
TeamC: User1

(チームごとにユーザ数に¥500を掛けて計算)

(TeamAの料金) + (TeamBの料金) + (TeamCの料金) =
¥500 x 2 + ¥500 x 1 + ¥500 x 1 = ¥2,000

チームを連結した場合

TeamA(親): User1, User2
TeamB(子): User1
TeamC(子): User1

(親子関係のあるチーム内に所属するユーザ数に¥500を掛けて計算)

(User1の料金) + (User2の料金) =
¥500 x 1 + ¥500 x 1 = ¥1,000

設定の仕方

親チーム側の SETTINGSページのご利用料金メニューより、子チームを連結決済対象チームとして追加/解除することが出来ます。この操作をするユーザーは 親チームと子チーム両方のチームのownerである必要があります。

連結決済画面案内1(388.0 kB)

ご利用料金ページの最下部に「複数チームの連結決済」の設定画面があります。

連結決済画面案内2 (165.9 kB)

注意点

  • クレジットカード情報は親チームで登録する必要があります。
  • 親チームは子チームを最大10個持つことができます。
    • もしこれ以上の子チームが必要な場合は、対応を検討いたしますのでご利用目的を添えてご連絡下さい。
  • 親チーム側、もしくは子チーム側に未払いのご利用期間がある場合はチームを連結したり連結を解除することはできません
  • 親チームがご利用料金の未払い等で凍結された場合、子チームも同時に凍結されます
    • 親チームの凍結が解除されると、子チームの凍結も解除されます

フリートライアル中のチームの連結決済について

  • フリートライアル中のチームでも、連結決済チームに設定することは可能です(親チーム・子チームとも)
  • フリートライアル中のチームと、有料利用中のチームを連結決済に設定した場合、有料利用中のチーム分のみのご利用料金が請求されます

親チームが有料利用のチーム、子チームがフリートライアル中のチーム だった場合

  • 親チームに所属しているメンバー分のご利用料金が発生します
  • 子チームのみに所属しているメンバー分の料金は、フリートライアル期間中は発生せず、フリートライアル期間終了後から料金が発生します。

親チームがフリートライアル中のチーム、子チームが有料利用のチーム だった場合

  • 親チームのみに属しているメンバー分のご利用料金は、フリートライアル期間中は発生せず、フリートライアル期間終了後から料金が発生します。
  • もともと有料利用だった子チーム分のご利用料金は、フリートライアル期間中の親チームからお支払いいただくことになります
    • この関係上、フリートライアル期間中のチームを親チームに設定した時点で、表示上はフリートライアル期間中の表示が消え、課金中のチームと同様の表示なります。

Referenced from

help/ファイルアップロード先に独自のS3 Bucketを設定する
help/スクリプトタグの埋め込み制限

Comments0