#410
esaのMarkdownの仕様

esaではデータのポータビリティを考慮し、Markdownはなるべく一般的な仕様にあわせるようにしております。

そのため、CommonMarkの派生のGitHub Flavored Markdownを利用しております。

具体的には、gjtorikian/commonmarker: Ruby wrapper for libcmark (CommonMark parser)を拡張しております。

Markdown 記法

以下のヘルプにて、よく使うものを紹介しております。
help/Markdown記法・拡張記法 - docs.esa.io

Markdownの方言記法

esa以外のサービスやシステムではCommonMark以外のMarkdownの方言を採用していたり独自の記法を採用している場合があるため、esaでサポートされていない記法が見つかる可能性があります。

esaでサポートするMarkdown記法の仕様の詳細は、先にあげました GitHub Flavored Markdown の仕様を確認頂くのが確実となります。

参考(仕様の歴史)

2018年の10月11日より新規作成記事と既存記事の更新にて、 CommonMark となりました。
参考: ReleaseNotes/2018/10/11/Markdown のエンジンを CommonMarkに変更しました - docs.esa.io

※それ以前は、Redcarpet を利用しておりました。

Referenced from

help/README
help/esa 紹介記事 #noexpand

Comments0