± Revisions rev15

TAEKO AKATSUKA
Change log: Emailドメインの制限について、説明を追記しました
Updated by taea 2019-08-05 19:08:14 +0900
  • - チームに新しいユーザー(メンバー)を追加・招待する方法について解説します。
  • - メンバーの追加・招待は、左のメニューで __「SETTINGS」__ を選択し、 __「メンバーの招待」__ をクリックして表示されるページから行うことができます。
  • - __<span class="text-danger">Ownerのロールを持つメンバーのみが、チームメンバーの追加・招待をすることができます。</span>__
  • - チームメンバーの追加・招待は、現在、 __[「Eメールで招待」](#チームメンバーをEメールで招待する)__ と __[「URLで招待」](#招待用URLを発行して、チームに参加してもらう)__ の2種類の方法で行うことができます。
  • - __[Eメールで招待](#チームメンバーをEメールで招待する)__ :
  • - 複数のメールアドレスを指定して、招待用のメールを送信できます。招待したいユーザーのメールアドレスがわかっているときには、こちらの方法が便利です。
  • - __[URLで招待](#招待用URLを発行して、チームに参加してもらう)__
  • - 招待用URLを発行し、他のユーザーにURLをクリックしてもらうことでチームに参加してもらうことができます。 招待したいユーザーのメールアドレスがわからない場合や、ある程度自由にチームに参加してほしい場合に便利な方法です。
  • - 招待後の[チームメンバーの一覧・管理・削除については、こちら](/posts/286)をご覧ください。
  • ![image.png (782.1 kB)](https://img.esa.io/uploads/production/attachments/3/2019/07/30/2/68738845-77b5-4ae1-95ce-d92b5f659264.png)
  • ## チームメンバーをEメールで招待する
  • チームに追加・招待したいメンバーのメールアドレスを指定して、招待用のメールを送信できます。
  • 招待したいユーザーのメールアドレスがわかっているときには、こちらの方法が便利です。
  • - __<span class="text-danger">Ownerのロールを持つメンバーのみが、チームメンバーの追加・招待をすることができます。</span>__
  • - 左のメニューで __「SETTINGS」__ を選択し、 __「メンバーの招待」__ をクリックして表示されるページの、上の方の項目 __「メンバーをEメールで招待」__ から行うことができます。
  • - チームに参加してほしい人のEmailアドレスをテキストエリアに1行に1つずつ記入し、__「招待メールを送る」__ ボタンを押します。
  • - 改行区切りで複数のアドレスに一括で招待メールを送ることができます。
  • - 招待メールは、メール送信後24時間が経過すると無効になります。
  • - 招待メールの送信先は、ログインに利用するメールアドレスと同じである必要があります。esaのログインは、Gmailアカウント、もしくは Google Appsのアカウントにのみ対応しており、その他のメールアドレスはesaのログイン・招待には利用することができませんので、ご注意ください。
  • - 招待メールを送信済みで、まだ招待メールからチームにJoinしていないユーザーは、 __「保留中の招待」__ の一覧に表示されます。
  • - 右側の __「削除」__ リンクで、招待を取り消すことができます。
  • - 招待を取り消すと、送信されたメール内の __「Join Now」__ ボタンの招待用URLが無効になります。
  • ![image.png (779.3 kB)](https://img.esa.io/uploads/production/attachments/3/2019/07/30/2/428d90e5-ef01-43bc-86e0-9fc466940740.png)
  • ### 招待用メールから、チームに参加するには?
  • - 招待されたEメールアドレス宛に、__『[TEAMNAME] チームに招待されました! You are invited to [TEAMNAME] team!』__ というタイトルで、下記の図のような招待Emailが送信されます。
  • - メール中の __「Join Now」__ ボタンをクリックし、Googleアカウント認証を経て、チームに参加することができます。
  • - 招待メール中の __「Join Now」__ ボタンの招待リンクは、メール送信後24時間経過すると無効になります。
  • - また、Owner側で、招待リンクの削除を行った場合にも、 __「Join Now」__ ボタンのリンクは無効になります。
  • <img src="https://img.esa.io/uploads/production/attachments/105/2018/08/29/2/a3417fdf-c6f0-4514-a5d3-16cedfa566d3.png" width="500" />
  • ## 招待用URLを発行して、チームに参加してもらう
  • チームに参加するためのURLを知っている人に、ある程度自由にチームに参加してほしい場合に便利な方法です。
  • - 左のメニューで __「SETTINGS」__ を選択し、 __「メンバーの招待」__ をクリックして表示されるページの、下の方にスクロールして現れる項目 __「招待用URLを発行する」__ から行うことができます。
  • - __「招待用URL」__ の欄に表示されているURL経由でチームにアクセスすると、Googleアカウント認証を経て、チームメンバーに追加されます。チームに参加して欲しい人にだけ、このURLを共有してください。
  • - Slack等の、併用しているチャットツールなどで、招待URLを共有するような方法がよく使われます。
  • - 「Invitation URL」の下にある __「URLを再発行」__ のリンクをクリックすると、招待用URLを新しいものに更新できます。
  • - 再発行後、元の招待用URLは無効になります。何らかの事情で従来の招待URLを無効にしたい場合は、再発行を行ってください。
  • - __<span class="text-danger">Ownerのロールを持つメンバーのみが、招待URLを操作できるページにアクセス可能です。</span>__
  • ![image.png (636.2 kB)](https://img.esa.io/uploads/production/attachments/3/2019/07/30/2/348707cd-8f1a-4d7f-a190-95774c3780ca.png)
  • ### チームに参加できるユーザーのEmailドメインの制限
  • ### 招待用URLを通してチームに参加できるユーザーのEmailドメインの制限
  • - __「許可中のEメールドメイン」__ の項目にドメインを設定すると、ユーザーが 招待用URL にアクセスした際にアカウントの Email ドメインがチェックされます。指定された Email ドメインのアカウントでない場合、チームに参加することはできません。
  • - ドメインは`,`区切りで複数指定することができます。
  • - この機能は、[Emailで招待する方法](#チームメンバーをEメールで招待する)では有効ではありません。
  • <img src="https://img.esa.io/uploads/production/attachments/3/2019/07/30/2/f8edb4c6-a59e-45c8-8a5a-7ba551e77783.png" width="500" />
  • チームに新しいユーザー(メンバー)を追加・招待する方法について解説します。
  • メンバーの追加・招待は、左のメニューで 「SETTINGS」 を選択し、 「メンバーの招待」 をクリックして表示されるページから行うことができます。
  • Ownerのロールを持つメンバーのみが、チームメンバーの追加・招待をすることができます。
  • チームメンバーの追加・招待は、現在、 「Eメールで招待」「URLで招待」 の2種類の方法で行うことができます。
    • Eメールで招待 :
      • 複数のメールアドレスを指定して、招待用のメールを送信できます。招待したいユーザーのメールアドレスがわかっているときには、こちらの方法が便利です。
    • URLで招待
      • 招待用URLを発行し、他のユーザーにURLをクリックしてもらうことでチームに参加してもらうことができます。 招待したいユーザーのメールアドレスがわからない場合や、ある程度自由にチームに参加してほしい場合に便利な方法です。
  • 招待後のチームメンバーの一覧・管理・削除については、こちらをご覧ください。

image.png (782.1 kB)

チームメンバーをEメールで招待する

チームに追加・招待したいメンバーのメールアドレスを指定して、招待用のメールを送信できます。
招待したいユーザーのメールアドレスがわかっているときには、こちらの方法が便利です。

  • Ownerのロールを持つメンバーのみが、チームメンバーの追加・招待をすることができます。
  • 左のメニューで 「SETTINGS」 を選択し、 「メンバーの招待」 をクリックして表示されるページの、上の方の項目 「メンバーをEメールで招待」 から行うことができます。
  • チームに参加してほしい人のEmailアドレスをテキストエリアに1行に1つずつ記入し、「招待メールを送る」 ボタンを押します。
    • 改行区切りで複数のアドレスに一括で招待メールを送ることができます。
    • 招待メールは、メール送信後24時間が経過すると無効になります。
    • 招待メールの送信先は、ログインに利用するメールアドレスと同じである必要があります。esaのログインは、Gmailアカウント、もしくは Google Appsのアカウントにのみ対応しており、その他のメールアドレスはesaのログイン・招待には利用することができませんので、ご注意ください。
  • 招待メールを送信済みで、まだ招待メールからチームにJoinしていないユーザーは、 「保留中の招待」 の一覧に表示されます。
    • 右側の 「削除」 リンクで、招待を取り消すことができます。
      • 招待を取り消すと、送信されたメール内の 「Join Now」 ボタンの招待用URLが無効になります。

image.png (779.3 kB)

招待用メールから、チームに参加するには?

  • 招待されたEメールアドレス宛に、『[TEAMNAME] チームに招待されました! You are invited to [TEAMNAME] team!』 というタイトルで、下記の図のような招待Emailが送信されます。
  • メール中の 「Join Now」 ボタンをクリックし、Googleアカウント認証を経て、チームに参加することができます。
  • 招待メール中の 「Join Now」 ボタンの招待リンクは、メール送信後24時間経過すると無効になります。
  • また、Owner側で、招待リンクの削除を行った場合にも、 「Join Now」 ボタンのリンクは無効になります。

招待用URLを発行して、チームに参加してもらう

チームに参加するためのURLを知っている人に、ある程度自由にチームに参加してほしい場合に便利な方法です。

  • 左のメニューで 「SETTINGS」 を選択し、 「メンバーの招待」 をクリックして表示されるページの、下の方にスクロールして現れる項目 「招待用URLを発行する」 から行うことができます。
  • 「招待用URL」 の欄に表示されているURL経由でチームにアクセスすると、Googleアカウント認証を経て、チームメンバーに追加されます。チームに参加して欲しい人にだけ、このURLを共有してください。
    • Slack等の、併用しているチャットツールなどで、招待URLを共有するような方法がよく使われます。
  • 「Invitation URL」の下にある 「URLを再発行」 のリンクをクリックすると、招待用URLを新しいものに更新できます。
    • 再発行後、元の招待用URLは無効になります。何らかの事情で従来の招待URLを無効にしたい場合は、再発行を行ってください。
  • Ownerのロールを持つメンバーのみが、招待URLを操作できるページにアクセス可能です。

image.png (636.2 kB)

チームに参加できるユーザーのEmailドメインの制限

招待用URLを通してチームに参加できるユーザーのEmailドメインの制限

  • 「許可中のEメールドメイン」 の項目にドメインを設定すると、ユーザーが 招待用URL にアクセスした際にアカウントの Email ドメインがチェックされます。指定された Email ドメインのアカウントでない場合、チームに参加することはできません。
  • ドメインは,区切りで複数指定することができます。
  • この機能は、Emailで招待する方法では有効ではありません。
- チームに新しいユーザー(メンバー)を追加・招待する方法について解説します。
- メンバーの追加・招待は、左のメニューで __「SETTINGS」__  を選択し、 __「メンバーの招待」__  をクリックして表示されるページから行うことができます。
- __<span class="text-danger">Ownerのロールを持つメンバーのみが、チームメンバーの追加・招待をすることができます。</span>__
- チームメンバーの追加・招待は、現在、 __[「Eメールで招待」](#チームメンバーをEメールで招待する)__ と __[「URLで招待」](#招待用URLを発行して、チームに参加してもらう)__ の2種類の方法で行うことができます。
    -  __[Eメールで招待](#チームメンバーをEメールで招待する)__ : 
        - 複数のメールアドレスを指定して、招待用のメールを送信できます。招待したいユーザーのメールアドレスがわかっているときには、こちらの方法が便利です。
    - __[URLで招待](#招待用URLを発行して、チームに参加してもらう)__
        - 招待用URLを発行し、他のユーザーにURLをクリックしてもらうことでチームに参加してもらうことができます。 招待したいユーザーのメールアドレスがわからない場合や、ある程度自由にチームに参加してほしい場合に便利な方法です。
- 招待後の[チームメンバーの一覧・管理・削除については、こちら](/posts/286)をご覧ください。

![image.png (782.1 kB)](https://img.esa.io/uploads/production/attachments/3/2019/07/30/2/68738845-77b5-4ae1-95ce-d92b5f659264.png)



## チームメンバーをEメールで招待する

チームに追加・招待したいメンバーのメールアドレスを指定して、招待用のメールを送信できます。
招待したいユーザーのメールアドレスがわかっているときには、こちらの方法が便利です。

- __<span class="text-danger">Ownerのロールを持つメンバーのみが、チームメンバーの追加・招待をすることができます。</span>__
- 左のメニューで __「SETTINGS」__  を選択し、 __「メンバーの招待」__  をクリックして表示されるページの、上の方の項目 __「メンバーをEメールで招待」__ から行うことができます。
- チームに参加してほしい人のEmailアドレスをテキストエリアに1行に1つずつ記入し、__「招待メールを送る」__ ボタンを押します。
    - 改行区切りで複数のアドレスに一括で招待メールを送ることができます。
    - 招待メールは、メール送信後24時間が経過すると無効になります。
    - 招待メールの送信先は、ログインに利用するメールアドレスと同じである必要があります。esaのログインは、Gmailアカウント、もしくは Google Appsのアカウントにのみ対応しており、その他のメールアドレスはesaのログイン・招待には利用することができませんので、ご注意ください。
- 招待メールを送信済みで、まだ招待メールからチームにJoinしていないユーザーは、 __「保留中の招待」__ の一覧に表示されます。
    - 右側の __「削除」__ リンクで、招待を取り消すことができます。
        - 招待を取り消すと、送信されたメール内の __「Join Now」__ ボタンの招待用URLが無効になります。

![image.png (779.3 kB)](https://img.esa.io/uploads/production/attachments/3/2019/07/30/2/428d90e5-ef01-43bc-86e0-9fc466940740.png)


### 招待用メールから、チームに参加するには?

- 招待されたEメールアドレス宛に、__『[TEAMNAME] チームに招待されました! You are invited to [TEAMNAME] team!』__ というタイトルで、下記の図のような招待Emailが送信されます。
- メール中の __「Join Now」__ ボタンをクリックし、Googleアカウント認証を経て、チームに参加することができます。
- 招待メール中の __「Join Now」__ ボタンの招待リンクは、メール送信後24時間経過すると無効になります。
- また、Owner側で、招待リンクの削除を行った場合にも、 __「Join Now」__ ボタンのリンクは無効になります。

<img src="https://img.esa.io/uploads/production/attachments/105/2018/08/29/2/a3417fdf-c6f0-4514-a5d3-16cedfa566d3.png" width="500" />


## 招待用URLを発行して、チームに参加してもらう

チームに参加するためのURLを知っている人に、ある程度自由にチームに参加してほしい場合に便利な方法です。

- 左のメニューで __「SETTINGS」__  を選択し、 __「メンバーの招待」__  をクリックして表示されるページの、下の方にスクロールして現れる項目 __「招待用URLを発行する」__ から行うことができます。
- __「招待用URL」__ の欄に表示されているURL経由でチームにアクセスすると、Googleアカウント認証を経て、チームメンバーに追加されます。チームに参加して欲しい人にだけ、このURLを共有してください。
    - Slack等の、併用しているチャットツールなどで、招待URLを共有するような方法がよく使われます。
- 「Invitation URL」の下にある __「URLを再発行」__ のリンクをクリックすると、招待用URLを新しいものに更新できます。
    - 再発行後、元の招待用URLは無効になります。何らかの事情で従来の招待URLを無効にしたい場合は、再発行を行ってください。
- __<span class="text-danger">Ownerのロールを持つメンバーのみが、招待URLを操作できるページにアクセス可能です。</span>__

![image.png (636.2 kB)](https://img.esa.io/uploads/production/attachments/3/2019/07/30/2/348707cd-8f1a-4d7f-a190-95774c3780ca.png)



### 招待用URLを通してチームに参加できるユーザーのEmailドメインの制限

- __「許可中のEメールドメイン」__  の項目にドメインを設定すると、ユーザーが 招待用URL にアクセスした際にアカウントの Email ドメインがチェックされます。指定された Email ドメインのアカウントでない場合、チームに参加することはできません。
- ドメインは`,`区切りで複数指定することができます。
- この機能は、[Emailで招待する方法](#チームメンバーをEメールで招待する)では有効ではありません。

<img src="https://img.esa.io/uploads/production/attachments/3/2019/07/30/2/f8edb4c6-a59e-45c8-8a5a-7ba551e77783.png" width="500" />
  • チームに新しいユーザー(メンバー)を追加・招待する方法について解説します。
  • メンバーの追加・招待は、左のメニューで 「SETTINGS」 を選択し、 「メンバーの招待」 をクリックして表示されるページから行うことができます。
  • Ownerのロールを持つメンバーのみが、チームメンバーの追加・招待をすることができます。
  • チームメンバーの追加・招待は、現在、 「Eメールで招待」「URLで招待」 の2種類の方法で行うことができます。
    • Eメールで招待 :
      • 複数のメールアドレスを指定して、招待用のメールを送信できます。招待したいユーザーのメールアドレスがわかっているときには、こちらの方法が便利です。
    • URLで招待
      • 招待用URLを発行し、他のユーザーにURLをクリックしてもらうことでチームに参加してもらうことができます。 招待したいユーザーのメールアドレスがわからない場合や、ある程度自由にチームに参加してほしい場合に便利な方法です。
  • 招待後のチームメンバーの一覧・管理・削除については、こちらをご覧ください。

image.png (782.1 kB)

チームメンバーをEメールで招待する

チームに追加・招待したいメンバーのメールアドレスを指定して、招待用のメールを送信できます。
招待したいユーザーのメールアドレスがわかっているときには、こちらの方法が便利です。

  • Ownerのロールを持つメンバーのみが、チームメンバーの追加・招待をすることができます。
  • 左のメニューで 「SETTINGS」 を選択し、 「メンバーの招待」 をクリックして表示されるページの、上の方の項目 「メンバーをEメールで招待」 から行うことができます。
  • チームに参加してほしい人のEmailアドレスをテキストエリアに1行に1つずつ記入し、「招待メールを送る」 ボタンを押します。
    • 改行区切りで複数のアドレスに一括で招待メールを送ることができます。
    • 招待メールは、メール送信後24時間が経過すると無効になります。
    • 招待メールの送信先は、ログインに利用するメールアドレスと同じである必要があります。esaのログインは、Gmailアカウント、もしくは Google Appsのアカウントにのみ対応しており、その他のメールアドレスはesaのログイン・招待には利用することができませんので、ご注意ください。
  • 招待メールを送信済みで、まだ招待メールからチームにJoinしていないユーザーは、 「保留中の招待」 の一覧に表示されます。
    • 右側の 「削除」 リンクで、招待を取り消すことができます。
      • 招待を取り消すと、送信されたメール内の 「Join Now」 ボタンの招待用URLが無効になります。

image.png (779.3 kB)

招待用メールから、チームに参加するには?

  • 招待されたEメールアドレス宛に、『[TEAMNAME] チームに招待されました! You are invited to [TEAMNAME] team!』 というタイトルで、下記の図のような招待Emailが送信されます。
  • メール中の 「Join Now」 ボタンをクリックし、Googleアカウント認証を経て、チームに参加することができます。
  • 招待メール中の 「Join Now」 ボタンの招待リンクは、メール送信後24時間経過すると無効になります。
  • また、Owner側で、招待リンクの削除を行った場合にも、 「Join Now」 ボタンのリンクは無効になります。

招待用URLを発行して、チームに参加してもらう

チームに参加するためのURLを知っている人に、ある程度自由にチームに参加してほしい場合に便利な方法です。

  • 左のメニューで 「SETTINGS」 を選択し、 「メンバーの招待」 をクリックして表示されるページの、下の方にスクロールして現れる項目 「招待用URLを発行する」 から行うことができます。
  • 「招待用URL」 の欄に表示されているURL経由でチームにアクセスすると、Googleアカウント認証を経て、チームメンバーに追加されます。チームに参加して欲しい人にだけ、このURLを共有してください。
    • Slack等の、併用しているチャットツールなどで、招待URLを共有するような方法がよく使われます。
  • 「Invitation URL」の下にある 「URLを再発行」 のリンクをクリックすると、招待用URLを新しいものに更新できます。
    • 再発行後、元の招待用URLは無効になります。何らかの事情で従来の招待URLを無効にしたい場合は、再発行を行ってください。
  • Ownerのロールを持つメンバーのみが、招待URLを操作できるページにアクセス可能です。

image.png (636.2 kB)

招待用URLを通してチームに参加できるユーザーのEmailドメインの制限

  • 「許可中のEメールドメイン」 の項目にドメインを設定すると、ユーザーが 招待用URL にアクセスした際にアカウントの Email ドメインがチェックされます。指定された Email ドメインのアカウントでない場合、チームに参加することはできません。
  • ドメインは,区切りで複数指定することができます。
  • この機能は、Emailで招待する方法では有効ではありません。