テンプレートを使う

  • テンプレートは投稿画面の左上から選択することができます。

スクリーンショット 2014-10-25 12.27.45.png

応用: テンプレートが適用された状態で新規投稿画面を開く

https://[チーム名].esa.io/posts/new?template_post_id=[記事番号] にアクセスすると、その記事番号のテンプレートが適用された状態で新規投稿画面を開くことができます。

この機能はchatbotを使う場合や、READMEにリンクを埋め込む場合に便利です

chatbot
@here 日報書きましょう! https://example.esa.io/posts/new?template_post_id=3
README.md
...
[議事録を書く](/posts/new?template_post_id=5)
...

テンプレートを作る・カスタマイズする

  • esaでは、日報や障害報告などの投稿テンプレートが数種類デフォルトで用意されているほか、自分でカスタマイズしたり新たに作成したりすることができます。

  • templates/ カテゴリ配下に置かれた(ShipIt状態の)記事は全て、投稿テンプレートとして投稿画面から選択して使うことができます。

    • Users/[screen_name]/templates/ カテゴリ配下に記事を置くと、そのscreen_nameの人だけに表示されるテンプレートになります
      • 例: Users/fukayatsu/templates/日報/%{Year}/%{month}/%{day}/TITLE

テンプレート変数

テンプレートでは以下の変数を使うことが出来ます

変数 効果
%{year} 本日の年 (e.g. 14)
%{Year} 本日の年 (e.g. 2014)
%{jyear} 本日の年度 (e.g. H26)
%{Jyear} 本日の年度 (e.g. 平成26)
%{jfyear} 本日の会計年度(4月始まり) (e.g. H25)
%{Jfyear} 本日の会計年度(4月始まり) (e.g. 平成25)
%{month} 本日の月 (e.g. 06)
%{Month} 本日の月 (e.g. Jun)
%{Monthname} 本日の月 (e.g. June)
%{Weekday} 本日の曜日 (e.g. Saturday)
%{Week} 本日の曜日 (e.g. Sat)
%{weekday} 本日の曜日 (e.g. 土曜日)
%{week} 本日の曜日 (e.g. 土)
%{cweek} (当月における)暦週 (e.g. 4)
%{cWeek} 暦週 (e.g. 25)
%{day} 本日の日 (e.g. 03)
%{me} or %{screen_name} 自分の screen name (e.g. ken_c_lo)
%{name} 自分の名前 (e.g. Taeko Akatsuka)
%{team} チーム名
help/Starについて
help/Publicチームについて

Comments0